宗教の意味世界 - 宗教社会学研究会

宗教の意味世界 宗教社会学研究会

Add: ygekes66 - Date: 2020-12-04 06:08:30 - Views: 7783 - Clicks: 9655

具体的には、多元的世界、寛容性という広範な内容にわたる問題を、宗教・民族、公共性、東アジアという観点・問題連関から、また思想史的あるいは社会学的な方法で論じるというのが、これまでの研究会の議論の流れでしたが、本シンポジウムでは. **第38回研究会 年8月3日(東京大学駒場キャンパス 18号4階コラボレーションルーム3) 四條真也 (首都大学東京大学院社会人類学分野博士後期課程) 「血筋と家族―ハワイアン・ホームステッドにおける親族概念に関する一考察」 **第37回研究会 年5月25日(東京大学駒場キャンパス 18号4階. 天理教学 宗教学 思想史 現在の研究課題: 近代宗教論の詩学 天理教人間学の探求 所属学会名: 日本宗教学会、日本近代仏教史研究会、アメリカ宗教学会など。 経歴: 天理大学卒。天理教校本科卒業。大正大学大学院博士課程中退。. 所属 (現在):筑波大学,人文社会系(名誉教授),名誉教授, 研究分野:宗教学,宗教学,観光学,宗教学, キーワード:ツーリズム,宗教学,聖地,宗教,世界遺産,巡礼,ファシズム,民衆宗教,宗教社会学,宗教研究, 研究課題数:17, 研究成果数:35, 継続中の課題:東アジアにおける拡張現実時代の観光に関する.

宗教・その日常性と非日常性 フォーマット: 図書 責任表示: 宗教社会学研究会編 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 雄山閣出版, 1982. 4 形態: 254p ; 22cm 著者名: 宗教社会学研究会 シリーズ名: 宗教社会学研究会論集 ; 2 書誌ID: BN00462781. 先入観を排除して相手を見てみると、部外者からはどんなに馬鹿げた非合理的なことであっても、当事者にとってはまったく別の論理が働いていることがわかります。よい・悪いと判断するのは、その理解に至ってからでも遅くはありません。相手が身を置く意味世界をありのままに理解し、ひるがえって自分が身を置く意味世界を相対的にとらえていく。そんな人間と人間の「関係」を出発点にする視座を、宗教学に携わる者として提供していきたいと考えています。(談) (年1月 掲載). 宗教の意味世界 宗教社会学研究会編(雄山閣) 宗教の意味世界 - 宗教社会学研究会 現代宗教への視角 宗教社会学研究会編(雄山閣) 現代人と宗教(ジュリスト増刊総合特集2 1) 山本阿母里編(有斐閣) 日本仏教全集叢書資料総覧総目次篇i・Ⅱ、総索引篇 小山田和夫・他編(本の友社). ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 - 天照皇大神宮教の用語解説 - 北村サヨ (1900~67) を教祖とする新宗教。 1945年,絶対神天照皇大神が農家の主婦である北村の肉体に降臨したとし,以後地上における神の国の建設と世界平和達成の教えを説いたのに始る。. いま宗教をどうとらえるか - 宗教社会学研究会 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!みんなのレビュー・感想も満載。. 宗教社会学研究会編『宗教の意味世界』によせて / 大浜徹也/44~45 日本宗教史年報編集委員会編『日本宗教史年報』二・三号 //45~46 長谷川匡俊著『近世念仏者集団の行動と思想』 / 中根和浩/46~47.

異文化理解の宗教学的アプローチ ~ 「文化の三層構造」モデルを手がかりに~ ジュマリ・アラム(本学部助教授) はじめに 異文化理解の課題は、研究の世界にとどまらずマスメディアや日常の世界においても頻繁にとりあげ. 本研究の目的にとって重要なことは、対象とする民衆宗教の担い手への肉薄である。従って本年度もまた天理教・金光教・黒住教・大本数などの宗教団体を調査対象として選定し、教団関係者や信者への参与調査・面接調査を実施する一方、庚申信仰などや浅間信仰民衆の中に脈々と生き続けて. ☆ 『 宗教の意味世界 』 宗教社会学研究会編 雄山閣 昭和55年4月5日 初版☆ カバー経年のやけ、しみ、よごれ。本体経年のやけ、しみ。本体やけ少し強い。本体天の部分に印。本文257ページ中の10ページにペンなどによる線引きなどがあります。読むのに問題はありません。☆. 1 図書 宗教の意味世界. 宗教社会学研究会編集委員会 編: 雄山閣: 1987.

See full list on hit-u. 22: 77–81 の再考を迫るとしている。 より包括的かつ価値中立的な概念として「社 会活動・福祉活動」を用い、また、組織面に着. 10: 宗教・その日常性と非日常性: 宗教社会学研究会 編: 雄山閣: 1982. 大学はいかに僧侶を養成するのか-仏教系大学の養成とその類型. 4 Description: 254p ; 22cm Authors: 宗教社会学研究会 Series: 宗教社会学研究会論集 ; 2 Catalog.

宗教の意味世界 フォーマット: 図書 責任表示: 宗教社会学研究会編 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 雄山閣出版, 1980. 80 81 宗教と社会 Religion and Society. 宗教的超越世界の『現実的』存立―経験処理の一様式としての宗教的二世界論―(対馬路人) 一 はじめに 二 個別的経験と「実在世界」 三 経験に対する宗教的態度 四 超越世界の対象化とその帰結 五 おわりに 宗教社会学研究会活動報告. 9: 創価学会レポート: j. 8 図書 宗教社会学.

Weber, Max,, 武藤, 一雄, 薗田, 宗人(1933. 22: 77–81 ダーはFBOを以下の5つに分類している。 ①Faith-Permeated Organizations ②Faith-Centered Organizations. 宗教の意味世界 / 宗教社会学研究会編 フォーマット: 図書 タイトルのヨミ: シュウキョウ ノ イミ セカイ 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 雄山閣出版, 1980. More 宗教の意味世界 - 宗教社会学研究会 videos.

宗教の意味世界 Format: Book Responsibility: 宗教社会学研究会編 Language: Japanese Published: 東京 : 雄山閣出版, 1980. 進化生物学・認知科学の発展と宗教文化一人間学考年),宗 教との融合を意識したかのような 『創造』(年,邦 訳年) などを刊行している。 ウィルソンは後年,自 分の研究を 「人間社会生物学」であると称したが,. 宗教社会学研究会『宗教の意味世界―宗教社会学研究会論集2』の感想・レビュー一覧です。ネタバレを含む感想・レビューは、ネタバレフィルターがあるので安心。読書メーターに投稿された約0件 の感想・レビューで本の評判を確認、読書記録を管理することもできます。.

というように。私の場合はさらにその先、より抽象度の高い《世界》ーー自然・実在・存在・目に見えないものと呼ばれる概念ーーとの関係のなかで、アイデンティティを構築しないとどうも落ち着きません。これはもう「体質的にそうだった」としか説明のしようがありません。そんな私にとって、人間の認識の限界をあっさりと、かつ堂々と超えてしまう宗教や宗教家はとても興味深い研究対象となったのです。 もともと「この世を超えたものとは何か?」を考えることは人間の自然な欲求であり、問い自体は誰にも否定できません。これまでその問いの受け皿になっていたのが宗教です。まずはこの前提への理解を促すこと。そして近現代の社会の変化のなかで、宗教はなぜ、どのように受け皿としてあり続けるのか。それを考えるためには、特定の宗教を否定するでも肯定するでもなく、あるがままに見つめ、対象への理解を試みる。宗教社会学は自分以外の他者を理解するという態度を形成していくうえで、非常に有用な学問だと思います。. 12: 宗教の意味世界: 宗教社会学研究会 編: 雄山閣: 1980. 宗教的超越世界の「現実的」存立-経験処理の一様式としての宗教的二世界論- (単著)宗教社会学研究会編、宗教の意味世界、1980 年3 月 雄山閣 真理実行会の伝播と定着(共著)都市社会の宗教1981 年3 月 東京大学宗教学研究室 新宗教における至上神の. くり返しになりますが、長い間、近代社会は宗教(が引き受けてきた問題)を排除・抑圧してきました。そのため人びとの宗教に対するとらえ方が一面的になり、「宗教」という言葉にすら過敏に反応する社会が生まれてしまいました。たとえば言語連想実験を行ったら、「科学」はもちろん、「芸術」「倫理」という言葉を聞いて、エモーショナルな反応をする人はあまりいないでしょう。ところが「宗教」の場合、そうはいきません。否定するにしろ、惹きつけられるにしろ、とにかく人は冷静ではいられないことが多いのです。 特に日本はそうでしょう。急速な近代化のなかで、宗教を国家と社会のなかにどう位置づけたらいいのか、日本人は明治以来ずっと悩んできました。また近年では、地下鉄サリン事件などを体験したことも大きなトラウマとなっています。 私は宗教に関する授業を行う前に、学生にアンケートをとっています。すると、この10〜15年の間に、宗教に対する学生の関心は高まり、「弱者の非常手段といった紋切型のイメージを持つ学生は減っていることがわかります。それでも総じて「宗教は、気にはなるけど」というアンビバレント(二律背反)な心理状態からは脱しきれていません。皆が自分なりにパッチワークした宗教像に照らし合わせ、どちらかと言えば否定に走ってしまう。 そこで私は学生に、まずはありのままに理解する大切さを伝えようと試みています。否定するにせよ、肯定するにせよ、まずは自分のエモーショナルな反応をカッコに入れること。宗教社会学が目指しているのは、判断をいわば「一時停止」の状態にして、宗教に関わる人間や社会集団をありのままに見ることですから。神話の内容、儀礼やシンボルの意味、生活様式. 宗教社会学研究会編「宗教の意味世界」 荒木 美智雄 宗教研究 54(1), p99-103, 1980-06. 近現代において、宗教の存在感は変わりました。1960年代まで、世界は科学によってリードされ、宗教に対する支持は下降するばかりだろうーーというのが社会学者の間でも定説でした。「公共宗教」としてのキリスト教やイスラム教などは、世界が近代化を遂げる過程でその役割を終えた、今後宗教は、一人ひとりが自分の宗教性を生きるという形で残っていくだろうーーそう語られていたのです。しかし1970年代後半から状況は変わり、さまざまな事象を考えるうえで宗教は避けて通れないものになりました。 直接の契機の一つは、イスラム教圏における政治革命でした。特にイランのホメイニ師による帝政からイスラム共和制への革命は、折からのグローバルな人口移動とともにイスラム教世界の脱世俗化を促したのです。宗教が政治的・文化的意味合いを強め、世界が次のフェーズに移ったきっかけとされています。宗教と政治の関係について見れば、グローバルなレベルでの公共宗教の復活はすでに常識となっています。学生には、まずそのことに気づいてほしいと思っています。 宗教の復活を促したもう一つの契機は、1970年代以降の科学主義の揺らぎです。科学論自身が科学を相対化していき、また科学的世界像が描くリアリティーが至高のリアリティーであるという感覚が、次第に薄れていきました。あるいは科学的世界像を疑わないにしても、それがコミットするに値するのぞましい現実であるかは疑わしくなってきたのです。 そこで、近代化、合理化、科学や経済の発達によって、一度は排除・抑圧されてきたもの、すなわち《死》《生》《超越》《霊性》など、「この世を超えるもの」の受け皿としての宗教の相対的地位が高まってきました。これらの問題に向き合うことは人間の自然な欲求であると先に述べましたが、どんなに抑え込まれても決してなくならないこうした問題が、1970年代後半の世界で再度浮かび上がってきました。もちろん宗教の〈復興〉には、政治や経済のさまざまな要素が複雑にからんでおり、またグローバル化のなかで生じたあらたな「貧・病・争」がその原因ともなっています。現代を生きる私たちは、まずこの事実を受けとめる必要があると思います。. A5 裸本 少ヤケ 少線引き / 冊数 : 1 / 刊行年 : 昭52 / 出版社 : 創文社. 宗教の意味世界 宗教社会学研究会編 (宗教社会学研究会論集, 2) 雄山閣出版, 1980.

4: 現代宗教への視角: 宗教社会学研究会 編: 雄山閣: 1978. 9 形態: 226p ; 22cm 著者名: 宗教社会学研究会 書誌ID: BN00462668. 12 形態: 245p ; 22cm 著者名: 宗教社会学研究会 書誌ID: BNISBN:. 78 79 宗教と社会 Religion and Society. 「宗教を研究対象にしています」と言うと、ときにエモーショナルな反応が返ってくることがあります。その反応が起きるメカニズムは後ほど見ていくとして、先に私自身の立ち位置を明確にしておきましょう。 私自身は、特定の宗教に入信しているわけではありません。また「最初に神の啓示ありき」という神学者の立場もとっていません。私が研究しているのは宗教学、本学で教えているのは人間と人間の「関係」にフォーカスした宗教社会学です。では宗教社会学とは何か。それは、宗教に関わる人間を前にして、先入観や思い込みをいったん排除してあるがままの相手を見つめ、その世界の論理やシンボルを理解しようと試みる学問、と言えるでしょう。 そもそも私が研究対象に宗教学を選んだのは、自らのアイデンティティを構築するうえで、より広い世界と自分との関係が気になったからです。人間は生まれてからさまざまなステージを経て、アイデンティティを構築していきます。まずは《家族》のなかで。次に学校や会社など、帰属する《集団》のなかで。そして利益共同体にしばられない、いわゆる《社会》のなかで. Amazonで宗教社会学研究会の宗教の意味世界―宗教社会学研究会論集2 (1980年)。アマゾンならポイント還元本が多数。宗教社会学研究会作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。. 4 形態: 254p : 図版 ; 22cm 著者名: 宗教社会学研究会 シリーズ名: 宗教社会学研究会論集 ; 2. 現代宗教への視角 フォーマット: 図書 責任表示: 宗教社会学研究会編 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 雄山閣出版, 1978.

宗教の意味世界: 著作者等: 井桁 碧 佐藤 憲昭 大塚 和夫 宗教社会学研究会 宗教社会学研究会 (1975年) 宮永 国子 対馬 路人 山中 弘 山崎 美惠 島田 裕巳 川村 邦光 林 淳 渡辺 雅子 茂木 栄 門馬 幸夫: 書名ヨミ: シュウキョウ ノ イミ セカイ: 書名別名: Shukyo no. 宗教の意味世界 - 宗教社会学研究会論集2 - 宗教社会学研究会 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!. 現代宗教への視角 宗教社会学研究会 1978年 雄山閣出版 カバー、天地、小口のヤケとシミのため全体に経年感はありますが、それ以外ページ部分に使用のあとはほとんど見受けられず、発行年度から考えると良好な状態です。.

宗教の意味世界 宗教社会学研究会論集 2 ¥ 2,200 宗教社会学研究会編集委員会 編 、雄山閣出版 、昭和55.

/109 /32883753 /200 /d33bd54777/54

宗教の意味世界 - 宗教社会学研究会

email: wyneba@gmail.com - phone:(748) 215-2818 x 8480

ぎょうれつのできるケーキやさん - ふくざわゆみこ - 医療用医薬品データブック 富士経済

-> 図解証券投資の経理と税務 平成5年度版 - 日興証券株式会社
-> ダイヤモンド・シーガル - 西安勇夫

宗教の意味世界 - 宗教社会学研究会 - 謎の円盤UFO マイアル


Sitemap 1

わかる! 楽しい! サッカー足ワザDVD - ストライカーDX編集部 - 運命の剣のきばしら 宮部みゆき